志事『球道即人道』

仕事はしない志事をする!!! 野球を分析し、志事『本業のマネジメント・副業とのシナジー効果、投資に生かしていくこと』を書いたブログ。

社会人野球道

【社会人最優秀防御率賞】大竹飛鳥(NTT東日本)初


【社会人最優秀防御率賞】
大竹飛鳥(関東学院大→NTT東日本)
防御率0.44
12試合  40回2/3  失点7  自責点2


今年はもう困ったら大竹。
大竹なら絶対に大丈夫。
そんな雰囲気さえ漂っていた。
173センチと小柄ながら先発・中継ぎ・抑えと安定感抜群の働きだった。


そして、今年は10年連続の都市対抗出場の表彰も受けた。
かつてはドラフト候補にもなり、力一杯に腕を振り、全部全力で投げていた。
ベテランとなった今は、いい感じで力を抜き変化球のコントロールも抜群。
ストレートの球速も140前半がコンスタントに出るようになり、衰えるどころか進化している。


敵チームから研究されていても、毎年進化を続け捕手上田との呼吸もぴったりであることから、まだまだ活躍が期待される。


このバッテリーは、
「この場面では餌を巻いて打たれてもいい、この場面では高い確率で抑えられる」
など一球一球に「根拠」を感じる。


選手の後も間違いなく上田とともにマネジメント側に回るに違いない。
おそらく上田は監督・GM的な立場、大竹は投手コーチとなるであろう。


何より一番大竹飛鳥の凄いところは、「怪我をしない」ところ。
体が強いというのは野球選手に一番大切な要素である。
10年間1個の大会も穴を空けたことがない。


そして、ずっと1番手投手ではないところも珍しい。
かつては大黒柱黒田がいて、小石(埼玉西武)、横山(広島カープ)、渡邊(千葉ロッテ)、掘(ドラフト候補)と毎年2番手以降でNTT東日本投手陣を支えてきた。
監督やマネジメント側から見たら、これほど評価の高い人間はいないだろう。


来年も良い投球を期待したいし、是非日本一になってほしいと思う。


当時は大谷翔平よりも上だった選手【消えた天才】

その名も帝京高校 伊藤拓郎

あるテレビ番組で【消えた天才】として放送された投手がいた。
当時の野球において、大谷翔平よりもポテンシャルが上と語られた投手。


当時帝京高校で1年生にして最速記録をもつ伊藤拓郎(26)である。
帝京高校→DeNAベイスターズ→群馬ダイヤモンドペガサス→新日鉄住金鹿嶋という球歴である。


名門帝京高校で試合に出るだけでも難しいにも関わらず、1年生の夏の甲子園では初登板で148キロをマーク。
この記録は今でも1年生の最速記録となっている。


1年生にして一躍注目の的となり、現在DeNAベイスターズの抑えである山崎康晃(26)よりもポテンシャルは上というスカウトの評価だった。
これは山崎本人も認めるほど。


しかし怪物ゆえの苦悩がそこから始まることになる。
ピークを1年生に持っていってしまったため、2・3年とエース投手ではあったが伸び悩み、結局高校3年間で球速は上がることはなかった。
浮いたストレートはシュート回転し、スライダーは抜け、気がつけば投手として使えるレベルではなくなっていた。


高校野球は本当に難しい。
選手の可能性をどのように引き出し、どこにピークを持っていくのかを考えながら指導者は教育していかなければならない。


ちなみに大谷翔平のピークはまだまだ来ていないと思う。
今年いきなりア・リーグ新人王に輝くもまだまだこんなものではないと本人も思っているはずである。


伊藤拓郎は1年時の並々ならぬポテンシャルを買われ、プロ野球の世界へと足を踏み入れることになるのだが、一軍では2試合の登板に終わり、ストレートは130キロまで落ちた。



よく社会人野球は見に行くのだが、新日鉄住金鹿嶋で現役として投げていても、正直もうプロ野球の世界に返り咲くのは不可能だと思う。
年齢的に即戦力でなければならないことから、即プロで通用するかという目線で見ると、なかなか厳しいものがある。
 


今では家族を持ち、責任感も今までとは違うであろう。
もう一度プロ野球の世界を目指して新日鉄住金鹿嶋で15番の背番号を背負い夢を追いかけている。
来年の都市対抗野球で、野球人生のすべてをかけた投球を見れることを楽しみにしている。

日本選手権決勝は4時間越え!!解説の黒木さんの言葉


【解説の黒木さんが決勝で放った言葉】

社会人野球が無ければプロも高校野球の次もない。(最後の〆コメント)


延長に入るくらいから選手がゾーンに入っている(延長12回)


顔を見ていると、みんな楽しんでいる。(延長12回)


ロースコアで最少失点でしのいで行けるチーム作りをしている。(延長11回)



このしびれる中での試合展開を経験することが一番選手を成長させる。(延長11回)



この状況でお客さんは帰れないでしょう。(延長12回)



バッターが一発で決めたい心理から振りが大きくなってきている。(延長11回)



足を大きく上げてみたり、クイックて投げてみたり。(延長11回)


ここまで来たらタイブレークではなく白黒ハッキリとさせましょう。
(延長12回)


決勝はロースコアの試合になるんです。
(8回)

修正できるところが自分の良いところ


適応力は全てにおいて必要な要素


日本選手権三菱重工名古屋の服部投手がHONDA鈴鹿戦で、
勝ち投手ヒーローインタビューで言ったことである。

初めは力んだ

絶対に勝つという気持ちが強めに出すぎておりストレートが浮く、変化球が抜ける、、、

自分を客観視

気持ちが落ち着くと、自分の今日の状況を客観視でき始めた。

相手と駆け引き

今日の自分の調子から通用するボールを理解し、打者の反応を見て、状況に応じて柔軟に投げ分けることができた。。


野球だけではなく自らの分野にも置き換えることができるのではないか。


この一連の流れが大舞台の試合の中で出切るかどうかは1つの大事な要素である。

プレゼンの場や朝礼や営業。
緊張したり場の空気が重かったりイレギラーがあったり誰でも遭遇する場に出くわしたとき、

いかに修正し問題を見極め柔軟に対峙していくかである。


グランドレベルで見ないと分からない、三菱重工広島鮫島優樹投手の人間力


互いの実力が拮抗している場合、必ず人間力の勝負になる。


その一端を書きたい。


三菱重工広島に鮫島投手がいる。


きちんと自分と向き合い、自らの小さい体の使い方を良く研究しているのが筋肉のつき方や体の使い方を見ていて分かる。


投手は下半身の使い方というが、ユニフォームの上からでも分かるガッチリとした下半身。
昔は線が細かったが、短距離・中距離・長距離をシーズン毎体に合った走り込みをしているのが感じ取れる。


その下半身はピッキング以外でも生かされおり、内野ゴロの度にファーストのカバーリングに走る。

並みの選手の体力と精神力ではない!!



野球に対する取り組み方、普段の生活や食事、道具の使い方・置き方、細部に渡り全てにおいて野球を通して自分を鍛練することを考えているという意図も感じ取れる。


さらに先輩にも後輩にも、マウンドでもベンチでも、休むことなく指示を出している。



昨年の都市対抗で負けたとき、彼は悔しさをにじませ、歯を食い縛り、グランドをしばらくじっと見つめていた。
相当悔しかったであろう、その眼光は鋭く見ていて何か恐怖さえ感じた。



彼の機微からは様々な事が感じ取れるのでぜひグランドで一度は見てほしい投手だ。



これを言うのは時期尚早かもしれないが、もうベテランの域に入り、後々人の上に立つだろう。
きっといい指導者になれるはずだ。
一人でも多く人間のプロを育成してほしいという目線でも鮫島選手には期待してしまう。


Screenshot_2018-11-03-13-20-49


RAKUWAネックX100(チョッパーモデル)【ファイテン公式】
ギャラリー
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 異動により提示額は上がっていく。
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ