志事『球道即人道』

仕事はしない志事をする!!! 野球を分析し、志事『本業のマネジメント・副業とのシナジー効果、投資に生かしていくこと』を書いたブログ。

高校・大学野球道

【春の選抜高校野球】大阪桐蔭落選  関東は横浜及川の存在感か

【春の選抜高校野球】
大阪桐蔭落選  関東は横浜及川の存在感


🔶タイトルにある通り、大阪桐蔭は2019年春の選抜は落選。


激戦区近畿代表はこれだけいばらの道なのである。
知名度があっても実力で落選するのは勝負の世界では仕方がないことだ。
ただ、多くの高校野球ファンとしては残念に思っている人が多いのも事実だ。


春の連覇は、激戦区近畿代表は6枠用意されていた。
順当に昨秋の4強は確定。
まず5枠目に滑り込んだ福知山成美は、京都大会を制していることが評価されたと思う。
最後の6枠目は市立和歌山。
近畿大会王者の龍谷大平安と1点差の好ゲームを演じたことが評価されたのであろう。


となるとやはり知名度があっても実力では今年の大阪桐蔭の入る余地はなかった。
『前人未到の春夏春・春春春の連覇』は夢と消えた。
これは過去のブログでも書いているので載せておきます。

大阪桐蔭、春夏春・春春春の大偉業か?センバツ絶望か?



🔶関東は横浜が及川の存在感で最後の枠を勝ち取った!?


東京大会準優勝の東海大菅生よりも、MAX153キロ左腕及川の存在感が関東大会8強の横浜を選抜に押し上げたと言っていいと思います。
おそらくこれは「野球の神様のいたずら」


間違いなくドラフト上位の逸材で別のブログても及川の潜在能力については書いてあるので載せておきます。




🔶21世紀枠には石岡一と富岡西と熊本西


熊本地震の際積極的なボランティア活動を行った経験のある熊本西ナイン。
園芸や農業関係で新しい文武両道の形を示したい石岡一。
野球を通して地域活性化を目指す四国大会4強の富岡西。


3校とも甲子園の土を踏む評価に値するであろう。
言い方は悪いがこの辺りはしっかりアピールすることも大事だ。
日本人はどうしても品格がありすぎてアピールが下手な傾向にある。
もちろん部員の不祥事は一発アウトである。







🔶2年連続で過去の春選抜は大阪桐蔭が制している。


第90回大会は、大阪桐蔭が智弁和歌山を5-2。
第89回大会は、大阪対決となり、大阪桐蔭が履正社を8-3。

【2019年】ドラフト候補 高校生投手 一覧

2019年のドラフトでは高校生投手としてこの3人は確実に指名されます。

大学への進学を志望すれば話は別ですが、プロを志望した場合は競合も必須です。

はっきり言って2019年の高校生投手部門は豊作です。
現段階ではポテンシャルが計り知れない投手が何人もいますので3人に絞るだけでも結構悩みました。では早速書いていきます。



🔶大船渡高校 佐々木
素材とスケールの大きさとしては超高校級です。
高校生投手部門では1番に上げます。
先発・中継ぎ・抑えどこでも使えます。
ストレートは少し力を入れれば150キロ前半で、抑えとして使うならあと、2冬あれば160キロも出るようになります。
性格としても東北人特有の決して負けん気は表に出さず、しかし心は熱く、頭は冷静に俯瞰して自分を見ることができています。
ピークをまだまだ先に置いて育てているため、無理使いは避けるように当然スカウトから監督は言われています。



🔶横浜高校 及川
市場価値が高く、気持ちで押すタイプの荒削りな左腕。
高校生らしい勢いと負けん気の強さが武器ですね。
技術面では右バッターの膝元へのスライダーはもうプロでも通用しますが、左肘が下がりぎみで投げるのでプロの打者からはスライダーと分かると振ってはもらえません。
曲がり幅よりも打者の近くで曲げることを意識すると修正できてくると思います。
ストレートに関してはまだまだアバウトですが勢いがあるので、それが逆に打者としては的が絞りにくくなって項を奏しています。
石井一久のようなタイプで、路線としても184勝を越えるような投手になれる可能性はあります。



🔶創志高校  西
気持ちが強く感情を派手に表に出し、自分を鼓舞する姿は客を楽しませるエンターテイナーです。
球審からあまりに派手なガッツポーズは禁止されるほどに派手にパフーマンスをします。
技術面では150キロのストレートと135キロのスライダーが武器ですね。
スライダーが低めに決まると高校生の左打者はまぁ打てません。
ストレートもフォームの割には速く見えるため高校生の打者は手元で詰まる傾向があります。
今のストレートではプロでは捉えられますので、技巧派として術でもエンターテイメントしてほしいと思います。
起用なタイプなのでツーシーム系を覚えてくると得意のスライダーと相性良く使えるかもしれません。



🔶まとめ
スカウトはグランド上でしか見ることのできない身のこなしやしぐさ一つ一つを見ています。


その子がどのような性格なのか、どういう考え方でどういうプレースタイルを好み、普段からどのような姿勢で練習に取り組み生活しているのか。
監督やコーチからも情報収集はしています。


高校生ドラフトの場合は
『今ではなく未来』を見ています。
延びしろや将来どのような投手になっていくのかを考えながら見ています。
そこが一番のスカウトの腕のみせどころなのです。


ここには書いていない日大三高の井上、木更津総合の根本、星陵奥川も2019年ドラフト指名はあります。
いずれにしてもこの冬の過ごし方が非常に重要です。
『どのような冬にするのか』は野球選手に共通して自分の将来を決めます。

91回センバツ高校野球 21世紀枠推薦 伊勢崎清明高校 部員の暴力

高校野球は教育の一環

日本高等学校野球連盟は、
第91回センバツ高等学校野球大会の21世紀枠、群馬県推薦の県立伊勢崎清明高校が部内の不祥事により、センバツへの推薦を辞退する届け出があったことを発表した。


その理由は『部員の暴力』
この届け出ばかりは、高野連と毎日新聞は承諾せざるを得ない。

ちなみにいまや世界のテキサスレンジャースのダルビッシュ有も高校時代は煙草をくわえながらパチンコをしていたのを写真に撮られてかなり騒ぎになった。

これだから高校生は非常にむずかしい。
血気盛んな高校生。一歩グランドを出れば普通の高校生。
自制できないほどの好奇心に駆られ判断を誤ることもある。

しかし今回のように感情が押さえきれず、暴力沙汰を起こしてしまうとごめんなさいでは済まされない。


高校野球は教育の一環。
一生のうちに甲子園に行けるのは何回あるのだろうか。
一時的な感情で不意にしてしまって非常にもったいない。



他の甲子園にいきたい部員に一生迷惑をかけたことになるし、父母会の方々も地元の方々も非常に残念に思っているだろう。


やってしまった本人はもう謝ることしかできない。
一生「お前のせいで甲子園に行けなかった」と言われながら生きていかなければならない。


そしてチームとしては最悪の空気のな中、また夏に向けて今度は推薦ではなくトーナメントを勝つことで夏の甲子園を掴み取るしかない。



野球選手である前に自律した人間たれ。









大阪桐蔭、春夏春・春春春の大偉業か?センバツ絶望か?

第91回選抜推薦校 21世紀枠熊本西高校で死者

熊本西高校での練習試合で死者



熊本西高校は来春の第91回選抜高校野球大会に出場する21世紀枠の推薦校に選ばれている。


先日、同校選手は練習試合で頭部デドボールを受け死亡してしまった。


なんということか。
非常に心がいたむ。
恐らく両親は悔やんでも悔やみきれないであろう。


この選手はヘルメットをしていたがデドボールを受け、外傷性くも膜下出血でそのまま亡くなってしまった。


打者はインコースを警戒していなければ、踏み込んで打ちに行くので頭部はヘルメットこそかぶっているが力が抜けた無警戒の状態になる。


デドボールを受けると打者心理は、恐怖心で踏み込んで打ちにいけなくなる。
映像をみるだけでも残像が残ってしまい、頭では判断出来ても体が別の反応を起こしてしまうこともある。



投手も当てたらごめんという心理で懐を厳しくつかないと、つい甘く入って打たれてしまい後悔してしまうしまうもの。



これは誰も責められない。


大阪桐蔭、春夏春・春春春の大偉業か?センバツ絶望か?

大阪桐蔭前人未到の大偉業か?センバツ絶望か?


大阪桐蔭は春3回・夏4回優勝している高校野球強豪校。
そして2019年のセンバツは春夏春・春春春の前人未到3連覇の大偉業がかかっている。


藤原(ロッテ)・根尾(中日)・横川(巨人)・柿木(日ハム)・中川(早稲田)・山田(法政)などの3年生の主力を欠き、秋の準備期間が短かった大阪桐蔭は近畿大会はベスト8止りで大偉業もお預けとなる可能性がたかい。。。

激戦区近畿地区は優勝の龍谷大平安、準優勝の明石商、ベスト4智弁和歌山、履正社はおそらく確定。
問題はここからの2チームの争奪戦。
このイスは実は上位4校との『負け方』で明暗が分かれる。

まず1校目に私は優勝チームの龍谷大平安と激闘を繰り広げたダークホース天理が選抜されるとみている。
残りのイスを明石商にシャットアウト負けの報徳学園、履正社にシャットアウト負けの福知山成美、智弁和歌山に惜しくも敗退したが智弁和歌山が準決勝でコールド負けした大阪桐蔭で奪い合うとみているが智弁和歌山のコールド負けがどうもイメージが良くない。。。

ここでもし2019年センバツに選ばれたら、選手はかなりレベルアップすることになるし、特に1年生の主軸がグンと伸びる。
いずれにせよ2019年1月までそわそわしながら冬の練習に入らなければいけなくなった。



ギャラリー
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 五臓六腑の肉爆弾
  • 異動により提示額は上がっていく。
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
  • ランチビュッフェ1830円@the oven
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ