志事『球道即人道』

仕事はしない志事をする!!! 野球を分析し、志事『本業のマネジメント・副業とのシナジー効果、投資に生かしていくこと』を書いたブログ。

お金道

大坂なおみ年俸20億!上原浩治の生涯年俸120億超え!

大坂なおみは年俸20億!上原浩治生涯年収は120億超え!


ある番組で上原浩治の年俸について言っている人がいたので今回のブログで簡単にまとめてみた。
(ちなみに推定であり出来高とスポンサー契約も含まれる)


桁外れの額が並ぶことになるが、実は浪人時代の交通整備や建設関係でのバイト時給は650円~800円である。
大阪体育大学を経てドラフト1位で読売ジャイアンツに入った時の契約金が1億。そこからの軌跡をまとめてみた。


1999年    読売    1.2億
2000年    読売    6.6千万
2001年    読売    7.6千万
2002年    読売    1億
2003年    読売    2億
2004年    読売    3億
2005年    読売    3.5億
2006年    読売    3.5億
2007年    読売    3.2億
2008年    読売    4.2億
2009年    オリオールズ     4.5億
2010年    オリオールズ     4.5億
2011年    オリオールズ     2.5億
2012年    レンジャーズ     3億
2013年    レッドソックス    3.5億
2014年    レッドソックス    4.5億
2015年    レッドソックス    9.5億
2016年    レッドソックス    9.5億
2017年    カブス   7億
2018年    読売       3億
2019年    読売      ?億


安く見て80億はある。
さらに、CMやスポンサー契約や各種手当てを入れれば余裕で120億は超えている。


アメリカは日本より税金が安く各州に払うのも特徴的だが、手元に残るお金は80億以上だと推察される。


さらに、大坂なおみは今年世界ランキング1位になったことで年俸はおそらく20億を超えてくる。
ちなみに世界ランキング推移を載せておく。


🏆世界ランキング推移🏆

2012    1028位
2013    430位
2014    250位
2015    203位
2016    40位
2017    68位
2018    5位
2019   1位🎉🎉🎉


テニス選手の方が節税メリットがあり、国籍を変えタックスヘイブン国に住むことができる。
テニストップ選手の国籍を載せておく。
男子テニストップ選手はモナコに税金を払っている。


・ジョコビッチ(セルビア)
・ズブレフ(ドイツ)
・チリッチ(クロアチア)
・ラオニッチ(カナダ)


よって大坂なおみが、財産の2割程度の国籍離脱税とこれから払うであろう所得税や法人税考えたら、日本国籍でタックスヘイブン国に住むのは節税目的として当然のことである。


世界ランキング1位となり、これからスポンサー契約がガンガン付き市場価値が上がれば上がるほど、このような税金がらみでプロ野球選手よりプロテニス選手の方が有利になってくることは間違いない。

ZOZOTOWN前澤友作社長の100人に100万円お年玉キャンペーン

Screenshot_2019-01-06-11-24-48



Screenshot_2019-01-06-11-17-12
Screenshot_2019-01-06-11-16-40



これってすごく賢いコスパのいい戦略なんですよ。


毎日何万人単位でフォロワーが増加しているのです。


昨年のPayPayが打ち出した『100億円あげちゃうよキャンペーン!』と同様の手口で消費者に還元すると言う意味でもいい戦略です。


一方で『価値』に重きを置くSHOWROOM前田祐二社長は、『期間限定で本を買った人をFacebookで友達申請します!』
と価値の時代らしい企画をしました。


そして、各書店を本人が訪問し『うっかり本人と出会ってしまう』企画もとても拡散しました。
今書店は1番見映えのいい場所に本を置き、増版待ちの状態です。



もちろん前澤社長の100万円企画は、当たった時も当たった後もSNSで爆速で拡販されます。


父が死んでも私の根幹にあるもの

Screenshot_2019-01-01-16-12-05



私はずっと富裕層になりたかった。
絶対に富裕層になると小さいときから子供心に決めていた。
子供のときから金の無い家庭に育ち、野球好きな私はプロ野球になり1億円プレーヤーになることを幼いながら夢見た。

ただ運動神経は普通よりややいい方かなという程度だった。
体育の成績も4だった。
野球をするために親元から離れ、有名な指導者のいる高校にも通った。
節目節目で様々な進路を自ら選択し、沢山の努力はしたが、結局はプロ野球選手にはなれなかった。

思い返せば、正しい努力をしていなかった。
自分の体に合った練習方法ではなかった。
それだけである。

結果的に私はプロ野球選手にはなれなかったが、一ミリも富裕層になることを諦めなかった。
野球を通して進路を決め、富裕層になると改めて誓った。

新しい職場になりどんなパワハラにも暴力にも耐えた。富裕層になるためならと意地でも諦めなかった。
いつしか気が付けば私は富裕層になっていた。

富裕層になってからもう物欲はほとんど無い。
いい車に乗っていい家にすんでと昔は考えたいたが、お金は他者投資、自己投資、株式投資、不動産投資に使うようになった。

かつて、私は父にポンと二万円をあげたときがあった。
父は何の反応もしなかった。
父の財布にはいつもなにも入っていなかったのは知っていた。
入っていたのは大型自動二輪と普通自動車を取得した免許証だけ。
おそらく二万円はその財布にはとてつもなく大金なはずだ。
それにもかかわらず父は何の反応もしなかったのだ。
今でもはっきりと覚えている。

少年野球のコーチをしていた父は、その二万円を自分のためには使わなかった。
薄っぺらいぼろい財布にその二万円を入れ私と一緒にコンビニに行き、自分のための買い物をせず、野球少年達に大量のスポーツドリンクと氷を買っていた。
飲んでいる子供たちはとても美味しそうに飲んでいた。
父はその子供たちを黙って笑顔で見ていた。

そのうちに父は利他主義な人間なのだと気がついた。
自分の部下や周りを幸せにすることがすごく好きな人なのだ。

いつになったら私は父のように宇宙より広い心を持てるのだろうか。
私は今年は富裕層のさらに上の超富裕層になると決めている。
お金の入り口と出口を見定めミスの少ない投資をしていく。
父の出口とは全く違うのかもしれない。。。

昨年、そんな父の葬式には大勢の人が駆けつけた。
葬式にてはじめて父が沢山の人に慕われていたことを知った。
子としてすごく誇らしかった。
死んでいる父を見て、この人には勝てないと思った。

私にはもう二万円をあげる相手がいなくなったが、また父に二万円のお年玉をあげたら何に使うのかな。

楽天クレカで寄付する楽天ふるさと納税が最適解か否か

🔶ふるさと納税の利用率は5%🔶

いまさらふるさと納税の説明を一からする気はさらさらありませんが、平成28年日本人の利用率は5%未満で220万人しか利用していないふるさと納税であります。



逆を言えば、この手の政策はちょっと複雑でめんどくさい制度にしちゃえば利用率が下がるんです。
得する人しか得をしない制度なのです。
いつまでも格安SIMを使わないで携帯会社に抜かれてるのと一緒です。



そしてふるさと納税は、一極集中している東京都の税を645億円地方にばらまいている政策です。
これはこれで経済政策としてはいわゆる一つの「ばらまき政策」という景気対策になっておりまして、ありっちゃありなのかなというのが個人的な感想です。



🔶資本主義の原理🔶

さて制度的な話はどうでもいいので、個人の話に行きますと、10%の住民税をどこに配分するか、これはビジネスに似ていて、「限られたリソースをいかに資源配分するか」というある種のビジネスセンスが問われているわけです。



その中でも今回のタイトルにあります、楽天クレカで寄付する楽天ふるさと納税がお得か否かについて、見事に裏をとってくる地方自治体がありまして、それはある種総務省への挑戦をした静岡県小山町の「裏ふるさと納税」です。
(今は無しになったのですが、、、)
還元率として40%の還元率を誇るアマゾンギフト券の返礼品です。
簡単にいうと40%ですから、10万円寄付すれば4万円のギフト券が貰えちゃいます。


資本主義の原理で言えばまさにこれこそが最適解です。


こんなふるさと納税があれば、ちまちま数%の得か否かを議論するのはとても小さな話になってしまいます。。。



だから商品の価値が納税額の3割以内でその地方に関係する返礼品に限るというルールが残念ながらできてしまいました。



その事から簡単に考えれば、「マーケットが答えを持っている」と言われればそれまででございます。
情報の取捨選択リテラシーの時代ですから、ふるさと納税スペースランキングでググれば得する答えが出ます。
ふるさと納税スペース還元率が最適解でしょうかね。



🔶例えば、、🔶

例えばこんなのが出てきます。
平成30年12月17日付けで、佐賀県みやき町から出たHISギフトカード寄附金額は、10万から200万までで還元率50%です(笑)
さらにアマゾンギフト券が8%もらえるキャンペーン中により(12月末まで)実質還元率58%となります!



言うなればめちゃめちゃ挑戦的で努力を怠らない自治体です。



🔶まとめ🔶

我々は常に最適解を見分け、柔軟に選択するリテラシーの向上に努めなければいけません。
制度がどうであれ先にパイを奪えるか否かが重要であります。
その事からこのゲームは、市町村がどこであろうが関係ありません。
資本主義の原理に従い、確実に合法的に節税し、いかに特をするかのビジネスセンスを問う問題にすぎないのです。



先日、paypay20%還元祭がありました。
有楽町のビックカメラはごった返しましたが、価格.comで事前調査してから行った方がいいと思います。
売る方も商売ですから、そもそもの値段をうっかり上げてますよ。
結果的に損をしないように生きましょう。

ボーナスや給与は希望額を自分から提示するもの&査定側に回る方法

仕事を与えられる、給与を与えられる、全てにおいて与えられるサラリーマンマインドはもうやめて、タイトルにある通り自分から査定キーマンとしっかりと自分の給与やボーナスについて交渉するべきだというのが私の意見です。


なぜ自分の給与なのに交渉しない人が多いのかというと、常に与えられるマインドで給与を提示する思考に至っていないのか、自分がどのくらいの価値を会社に提供できるのかをはっきり言えないからではないかと思う。


逆に言ってしまえば、ボーナスや給与が安いと文句をいっている時間があるなら、『年収1000万ください!』とはっきり言いましょう。
もちろんこれには『これだけの価値を提供します』ということをセットで明示できなければならない。


つまり会社の査定システムを分析し、自分のスキルと人間力とを掛け合わせてどのくらい会社の求めていることに貢献できるのかを常に考えておくべきである。
査定というのは出てしまってからでは誰もなにもできない。
普段から何においてもただ与えられるのではなく、会社に利益をもたらし年収を上げる努力をした方が同じ時間を働くのであれば絶対にいい。


さらに私の理想は会社を利用して自分の市場価値を上げていくことだが、別の機会にその方法は書いていくとして、ここではタイトルにある通り給与を自分から提示するために大切なことについて書いていくことにする。



 🔶給与を会社に提示するために大切な3つのこと🔶

①給与査定の仕組みを徹底的に分析し、有効な打ち手を打つ


これをする理由は明白で、『努力の方向性を間違わないため』である。


まずは給与体系を細分化する。
そして細分化したそれぞれの要素のなかで、会社が最も重要とする要素は何なのかを絞り出す。


これは第一段階として非常に大切な作業となる。
これをしなければいかなる努力をしたところで水の泡となる。


次の段階として、それに対する打ち手は何なのかをはっきりさせる。


『会社は何を求めていて、最も有効な打ち手は何なのか』
これを可能な限り明白にするのだ。


目標を決めたら仮説を立ててターゲットを絞り確実な手を打つ。
何にたいしても、これをきちんとやると会社にたいして意見する力を持つことができるようになるし、これはどの業界でも大切な力であることは間違いない。


ここに私が実際に会社の困っていることを解決し、提供した価値について過去の記事を載せておく。
☞ 基本的に誰とも競わない戦略
☞ 年収が劇的に上がった方法と会社の使い方

 

②査定システムのキーマンと評価基準を明確にする。


なぜキーマンという言葉を使うのか。
それは査定の割合が作業スキルではなく、評価の70%以上は『上長評価』で決まってしまう場合が圧倒的に多いからである。(※ここでいう70%とは属する組織により異なる)


これは主に大企業に多い給与体系であり『上長のイイネの数』で決まる。
俗にいう『社内政治のうまさ』である。


一度査定する側に立ってみて考えてほしい。
数百人・数十人いる全員の部下を一人一人決まった指標で判断できるわけがない。
しかも判断する側が不完全要素の高い人間なのだから、不完全な判断になるのは当たり前の事だ。


とするならば判断の基準は多種多様。
判断する側が何に重点を置いて人を見ているのかを知る必要がある。
ここで評価70%の査定を取れてしまえば多少業務的にミスをしてしまったとしても大したことはないし査定に響くことは無い。
それほど影響力の高い査定システムであることは理解しておかなければならない。


例えば、大企業に多い査定キーマンの性格として、論語の精神を重んじる人間が圧倒的に多い。
業務スキルよりも義理人情を大切にする。
このようにまずは自分の査定キーマンの性格のタイプを冷静に判断する必要がある。
普段からどのような本を読んだりしているのか、この発言にはどういう意図があるのか、この発言は立場的に言っているのか本気で言っているのか等、しっかりと観察し自分には何を求められているのかを考え正確な打ち手を打つ。


整理するとここでのポイントは3つで、
まず『上長評価の上長とは誰を指す』のか。
上長に意見をする推薦者がいるとするならば、『推薦者とは誰を指す』のか。
(推薦できる右腕は実は全てをコントロールしている可能性が高い)
二人は『何を評価の軸に置いている』のか。
ここでは自分の仕事上のスキル度外視で『人間力』で勝負しなければならないことが多いのを覚悟しておく必要がある。


何度も書くが、キーマンの評価軸を明確にして、キーマンが最重要視する人物像とはどのような人物像なのかを知っておく事が求められる。
そして、できることなら査定キーマンがさらに出世できるように社内政治をし、環境を整える事が求められる。


③給与を査定する側に回るまたはキーマンの右腕になる


まずは査定する側に回るまでの距離と必須スキルを理解しておく。
そして『その波がきたら乗り遅れないために万全の準備』をしておくことも大切なことである。


例えば、利益確保・マネジメント・資格取得・自己研鑽等、
それらを生かして、タイミングを見計らい『会社の困っていることを私ならこのようにして解決出来ます』とはっきりと明示するのである。


そのための準備は日頃から必要なので、常に先回りして『もう準備は出来てますよ』という状態に自分をアップデートしておくことが理想である。
実は社会人のなかで常日頃から自己研鑽している人間は数少ない。
業界や職種にもよるが、小・中学生は皆勉強しているのになぜ社会人になると止めてしまうのか。
社会人になってからの自己研鑽で圧倒的な差がつくことも加えて書いておきたい。


査定の話に戻ると、
実は大手企業は決済権を持つのに20年かかるところもある。
一見絶望的な道のりだと思うだろう。
実はこの絶望的な道のりをショートカットする方法は、重要な要素の1つなので別の機会にきちんと解説していきたい。


まとめ


以上の3つの要点を把握し、ただただ決まった給与を決まった時期に、文句をいいながらもらう側に居続けてはいけない。


3つの要素を明確にできれば、さらに会社の経費も使える上に、応用すれば顧客のお金で高級な食事をすることも容易になる。


実は昨日の朝一番にこんなことがあった。
いつもより早い時間に出社し『ボーナスを上げていただいてありがとうございました』
と挨拶をされたのだ。


これも実は高いボーナスを取っている人間のする挨拶として、抜け目なく必要な要素の一つである。
お礼を一番目に言えること。
それができる人間は言い換えれば、自分が会社に提供した価値を評価してもらったことへのお礼と取れるし、なにより顧客にたいしても抜け目のないフォローや失礼のない礼節をしていると判断できる。


論語の最も大切な五つの徳目『仁・義・礼・智・信』のなかの礼である。


決定権を持つ人でおそらく論語を知らないものはいない。
日々自己研鑽を重ねていれば、仕事にたいするスキルの差はさほど大きくはならない。
結局は人間力の勝負になることを最後に書いておきたい。


ギャラリー
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ