志事『球道即人道』

仕事はしない志事をする!!! 野球を分析し、志事『本業のマネジメント・副業とのシナジー効果、投資に生かしていくこと』を書いたブログ。

野球道

【消えた天才】元明徳義塾 岸  を見て

消えた天才という番組がある。
プロでもトップクラスの選手が、当時かなわなかった天才は今何をしているのか、を放送している番組である。


そこに登場した人物が、岸である。岸は、明徳義塾で甲子園に四回出場したが、拓殖大学三年時に肩や肘の度重なる怪我により大学を中退し、一時は野球を辞めるも現在は独立リーグで野球をしている野球センスの塊のような選手である。


彼がプロに行かなかった理由は、同世代にプロに行った楽天の安楽や巨人の岡本を見て、自分は敵わないと思ってしまい自信を失ったことにあったようだ。
そして、大学時代にオーバーワークから故障してしまい、一回野球も大学も辞めていた。


好きな野球で生きていくことを考えたときに、すばぬけた特筆すべきものがない選手は、高校・大学で野球を辞める。
しかし岸は、走塁という分野で野球で飯を食うために現在独立リーグで奮起しているようだ。
しかも器用な岸は、独立リーグで盗塁王を獲得していた。


野球センスの塊で器用な岸が、盗塁や走塁でプロを目指す選択は間違えていないと思う。
センスや勘と言うのは、この走塁という分野では非常に有利に働く。まして岸は賢い選手であり、投手のクセや配球のパターンを読んで盗塁や走塁に活かしているのであろうと思う。


一度諦めた野球の道で復活して、新しい岸をプロの舞台で見てみたいし、なんといっても生き方としてなるべく競合が少ない分野で特筆しようと努力することは、選択肢として合理的であり、激しい競争が行われるプロの世界では、競合は少ない方が確実に有利である。


野球を辞めてグランドの外から野球を見てみると、今まで見てなかった角度から野球を見ることができる。選手として夢中でやっている時よりも俯瞰で見ることができるので、冷静に自分の能力をどこで活かせるか考える時間も戦略も練ることができる。


岸は高校最後の打席で狙ってホームランを打てるほど勝負強い選手であり、見ている観客が岸ならなんとかしてくれるのではないかと期待してしまう選手である。
これから数年後が非常に楽しみでありぜひプロの舞台で見てみたい。






【春の選抜高校野球】大阪桐蔭落選  関東は横浜及川の存在感か

【春の選抜高校野球】
大阪桐蔭落選  関東は横浜及川の存在感


🔶タイトルにある通り、大阪桐蔭は2019年春の選抜は落選。


激戦区近畿代表はこれだけいばらの道なのである。
知名度があっても実力で落選するのは勝負の世界では仕方がないことだ。
ただ、多くの高校野球ファンとしては残念に思っている人が多いのも事実だ。


春の連覇は、激戦区近畿代表は6枠用意されていた。
順当に昨秋の4強は確定。
まず5枠目に滑り込んだ福知山成美は、京都大会を制していることが評価されたと思う。
最後の6枠目は市立和歌山。
近畿大会王者の龍谷大平安と1点差の好ゲームを演じたことが評価されたのであろう。


となるとやはり知名度があっても実力では今年の大阪桐蔭の入る余地はなかった。
『前人未到の春夏春・春春春の連覇』は夢と消えた。
これは過去のブログでも書いているので載せておきます。

大阪桐蔭、春夏春・春春春の大偉業か?センバツ絶望か?



🔶関東は横浜が及川の存在感で最後の枠を勝ち取った!?


東京大会準優勝の東海大菅生よりも、MAX153キロ左腕及川の存在感が関東大会8強の横浜を選抜に押し上げたと言っていいと思います。
おそらくこれは「野球の神様のいたずら」


間違いなくドラフト上位の逸材で別のブログても及川の潜在能力については書いてあるので載せておきます。




🔶21世紀枠には石岡一と富岡西と熊本西


熊本地震の際積極的なボランティア活動を行った経験のある熊本西ナイン。
園芸や農業関係で新しい文武両道の形を示したい石岡一。
野球を通して地域活性化を目指す四国大会4強の富岡西。


3校とも甲子園の土を踏む評価に値するであろう。
言い方は悪いがこの辺りはしっかりアピールすることも大事だ。
日本人はどうしても品格がありすぎてアピールが下手な傾向にある。
もちろん部員の不祥事は一発アウトである。







🔶2年連続で過去の春選抜は大阪桐蔭が制している。


第90回大会は、大阪桐蔭が智弁和歌山を5-2。
第89回大会は、大阪対決となり、大阪桐蔭が履正社を8-3。

【社会人最優秀防御率賞】大竹飛鳥(NTT東日本)初


【社会人最優秀防御率賞】
大竹飛鳥(関東学院大→NTT東日本)
防御率0.44
12試合  40回2/3  失点7  自責点2


今年はもう困ったら大竹。
大竹なら絶対に大丈夫。
そんな雰囲気さえ漂っていた。
173センチと小柄ながら先発・中継ぎ・抑えと安定感抜群の働きだった。


そして、今年は10年連続の都市対抗出場の表彰も受けた。
かつてはドラフト候補にもなり、力一杯に腕を振り、全部全力で投げていた。
ベテランとなった今は、いい感じで力を抜き変化球のコントロールも抜群。
ストレートの球速も140前半がコンスタントに出るようになり、衰えるどころか進化している。


敵チームから研究されていても、毎年進化を続け捕手上田との呼吸もぴったりであることから、まだまだ活躍が期待される。


このバッテリーは、
「この場面では餌を巻いて打たれてもいい、この場面では高い確率で抑えられる」
など一球一球に「根拠」を感じる。


選手の後も間違いなく上田とともにマネジメント側に回るに違いない。
おそらく上田は監督・GM的な立場、大竹は投手コーチとなるであろう。


何より一番大竹飛鳥の凄いところは、「怪我をしない」ところ。
体が強いというのは野球選手に一番大切な要素である。
10年間1個の大会も穴を空けたことがない。


そして、ずっと1番手投手ではないところも珍しい。
かつては大黒柱黒田がいて、小石(埼玉西武)、横山(広島カープ)、渡邊(千葉ロッテ)、掘(ドラフト候補)と毎年2番手以降でNTT東日本投手陣を支えてきた。
監督やマネジメント側から見たら、これほど評価の高い人間はいないだろう。


来年も良い投球を期待したいし、是非日本一になってほしいと思う。


【MLB】2019年GW エンゼルス 試合日程とチケット

DSC_0066
DSC_0070


2019年のGW(ゴールデンウィーク)はなんと10連休となります。
これは大谷翔平を見に行く大チャンスです。


【ロサンゼルス・エンゼルスの試合日程】
を記載しておきます。


ちなみにですが、、、
GW(ゴールデンウィーク)前には、『菊池雄星vs大谷翔平』  (花巻東高校対決)を見れるかもしれませんし、『田中将大(まーくん)vs大谷翔平』を見れるかもしれませんので、そちらのスケジュールも載せておきますね。


【2019/04/19~2019/04/22】

対戦カード:エンゼルスvsマリナーズ

場所:エンゼルス・スタジアム


※『菊池雄星vs大谷翔平』(花巻東高校対決)を見れるかもしれませんので、シアトル・マリナーズの先発ローテーションを確認しておく必要があります。
おそらく直前まで内野席やバックネット裏は確保できますので、参考までにエンゼルスのチケットページを載せておきます。


【2019/04/23~2019/04/26】

対戦カード:エンゼルスvsヤンキース

場所:エンゼルス・スタジアム


※『田中将大(まーくん)vs大谷翔平』を見れるかもしれませんので、ヤンキースの先発ローテーションを確認しておく必要があります。
こちらもおそらく直前まで内野席やバックネット裏は確保できますので、参考までにエンゼルスのチケットページを載せておきます。



【2019/04/27】


対戦カード:ロイヤルズvsエンゼルス

場所:カウフマン・スタジアム・オブ・カンザス


【2019/04/28】


対戦カード:ロイヤルズvsエンゼルス

場所:カウフマン・スタジアム・オブ・カンザス


【2019/05/01~2019/05/03】


対戦カード:エンゼルスvsブルージェイズ

場所:エンゼルス・スタジアム


【2019/05/05~2019/05/06】


対戦カード:エンゼルスvsアストロズ

場所:エスタディオ・デ・ベイスボル・モンテレイ (メキシコ)


⇒参考:ロサンゼルス・エンジェルス  チケットページ



DSC_0982











【MLB】2019年の大谷翔平は打者一本  打者大谷の能力が測れる年

DSC_0202
DSC_0204



大谷翔平は、NPBに行くときもMLBに行くときも、「投手一本なら」「打者一本なら」と、専門家の間でもどちらか片方だけでどれだけできるのか見てみたいと声が頻繁に上がっていた。


『打者一本』が今年実現しようとしている。

昨年のオフにトミージョン手術を受け、今年は打者に集中したショウヘイ・オオタニを初めて見ることができる。


昨年は104試合に出場し打率285、ホームラン22、打点61という成績を残している。
しかしこれは投手との二足のわらじを履いていての成績であることから、今年を占うには参考記録としかならない。
ちなみに投手としては10試合に登板し、4勝2敗であった。


ショウヘイ・オオタニの打球はバレルゾーンの中にある

聞き慣れない言葉かもしれないが、「バレルゾーンとはホームランになりやすい速度と角度」であることである。
ショウヘイ・オオタニの打球は、打った瞬間の速度の平均が180キロ、角度は26度である。
これはメジャーでも6位の好成績である。


10盗塁している走塁力

これが実はショウヘイ・オオタニの野球観を示していると言っても過言ではない。
「走れる」というのは野球選手にとって非常に重要な要素であり、走塁は一番難しい分野である。
しかも二刀流をしながら盗塁も10記録しているというのは、野球センスを青天井に感じる。


世界の野球好きがショウヘイ・オオタニのプレイにはワクワクするという理由がここにある。
2019年は、打者一本でやればこれだけ記憶にも記録にも残すことができるということを証明してほしい。


2020年の東京オリンピックには、ショウヘイ・オオタニを二刀流で出すべきという理由を以前かいた。
もしかしたらこれは契約上エンジェルスが出さないかもしれない。
となれば、2019年のシーズンには期待が高まってしまう。
是非今年も、生のショウヘイ・オオタニを観察して沢山のものを感じていきたい。
ギャラリー
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 豊洲市場に行ってみて
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
  • 五臓六腑の肉爆弾   暴飲暴食偏
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ